サプリで女性ホルモンを増やす方法
女性ホルモンを増やす方法として注目のおすすめサプリをピックアップ

女性ホルモンを増やす方法として一番手軽なのは、普段の食事で効果的な栄養素を毎日きちんと摂ることです。しかし、忙しくてそこまで徹底できない、カロリーが気になる、といった方などには、より手軽で効果的な「サプリメント」がオススメです。

成分の効能、特徴、口コミなどを調べて、特にオススメできるサプリを5つピックアップしてみました。一覧表にして紹介しているので、チェックしてみてください。

生理不順・閉経

生理不順の原因や、閉経後に起こりやすい症状などについて説明します。20代~40代女性・50代女性の女性ホルモンの変化について解説しています。

女性ホルモンの不足と生理不順・閉経との関係

多くの女性が悩まされている生理不順

さまざまな原因が考えられますが、なかでも多いのが女性ホルモンの不足によるものです。

生理が正常にくるためには、脳から卵巣に対し女性ホルモン分泌の指令が出され、それを受けた卵巣がきちんと卵子を育て、女性ホルモンを出すことが必要です。

しかし、卵巣が疲れてしまっていたり、体質的な異常などによってきちんと卵巣が働かないと、女性ホルモンが不足してしまい生理も正しくこなくなってしまいます。

卵巣の疲れの要因には、食生活の乱れや身体の冷え、ストレス、年齢によるもの、また卵巣のう腫などの疾病が考えられます。

また、卵巣ではなく脳の働きが原因となる場合もあります。視床下部性、あるいは中枢性・下垂体性ともいいますが、脳が卵巣へきちんと指令を出さないために女性ホルモンが不足してしまうというケースです。

卵巣に指令を与える視床下部や下垂体はとてもデリケートな場所で、急な環境の変化や強いストレスなどによってダメージを受けやすく、指令がうまく出せなくなってしまうのです。

閉経やそれに関連する症状

女性ホルモンと生理不順とは直接的な関わりがあることが分かりましたが、同じように、閉経やそれにまつわる身体の不調も、女性ホルモンと大きな関係があります。

女性ホルモンは、思春期~性成熟期までは順調に分泌が行われますが、更年期になるとその分泌は急激に低下します。というのも、40代へ突入すると卵巣の中の卵胞がグッと減ってしまうからです。

女性はもともと200万個ほどの大量の卵胞を持っています。しかし、その数は思春期までに10分の1~40分の1ほどにまで減り、その後も生理周期毎にたくさんの卵胞が消滅していきます。

40歳になる頃にはその数も急激に減り、また卵胞自体も老化しているので妊娠がしづらくなります。そして50歳になる頃にはほぼ卵胞が消滅してしまい、やがて閉経を迎えるのです。

女性ホルモンというのは卵胞が成熟から排卵に至る過程で分泌されるため、卵胞がなければ女性ホルモンも分泌されません。つまり閉経後は女性ホルモンがほぼ分泌されないのです。

しかし、それでも脳は変わらずエストロゲン分泌を指令し続けます。この矛盾により、脳の視床下部は混乱を起こします。

視床下部は女性ホルモン分泌だけでなく自律神経もコントロールしているため、この混乱は一時的な自律神経失調症のような症状を生み、さまざまな不調の原因となってしまうのです。いわゆる更年期障害と呼ばれているものですね。

このような「エストロゲンの急激な減少→視床下部の混乱→自律神経の乱れ」による症状には、のぼせや動悸、頭痛、発汗、肩コリといったさまざまなものがあり、いくつかの症状が重なることもよくあります。人によっては不安感や意欲の低下など精神的な症状が起こる場合もあります。

多くの女性が悩まされるこれらの症状には、女性ホルモンの減少と大きく関わる、このような背景があったのです。

ちなみに、閉経して女性ホルモンが分泌されなくなった女性の身体は、動脈硬化や骨粗しょう症など、今まではあまり考えられなかった疾病も起こしやすくなります。

今はまだ不規則な生活や乱れた食習慣に身体が耐えていても、老年期はそうとは限りません。更年期の女性はとくに、老年期まで見据えた正しい生活習慣や不調を和らげるためのセルフケアなどを実践して健康な身体をつくっておく必要がありそうです。