サプリで女性ホルモンを増やす方法
女性ホルモンを増やす方法として注目のおすすめサプリをピックアップ

女性ホルモンを増やす方法として一番手軽なのは、普段の食事で効果的な栄養素を毎日きちんと摂ることです。しかし、忙しくてそこまで徹底できない、カロリーが気になる、といった方などには、より手軽で効果的な「サプリメント」がオススメです。

成分の効能、特徴、口コミなどを調べて、特にオススメできるサプリを5つピックアップしてみました。一覧表にして紹介しているので、チェックしてみてください。

HOME » 効果的に女性ホルモンを増やす方法はコチラ!注目サプリをリサーチ » 白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)

白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)

女性ホルモンを増やす方法として注目のサプリ「白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)」について、特徴や期待できる効果、口コミ等をまとめています。

女性ホルモンを増やす方法としてオススメなサプリ「白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)」

白井田七。甕 「白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)」 価格・容量 特別価格
3,980円(税抜)
20g×30包入り(1ヶ月分)
1日あたりの目安 1日1本
主原料 田七人参酢・オリゴ糖・ザクロ果汁・アサイー

サプリの特徴

  • 有機栽培された田七人参を黒酢と共に“甕(かめ)”で熟成発酵させたドリンクタイプのサプリです。1本ずつパックに分けられており、手軽に毎日飲み続けられます。
  • 田七人参と黒酢を甕で熟成発酵させることにより、各種アミノ酸が通常の黒酢に比べ3倍~200倍以上にアップしており、なかでもアルギニンは通常の黒酢の239倍も含まれています。アミノ酸にはホルモンバランスを整える働きがあり、ホルモンを生成する原材料にもなります。
  • 主原料である田七人参は昔から常薬として使われており、止血や血流促進、免疫力UP、活性酸素の除去、肝臓疾患や高血圧の抑制など、さまざまな効果があります。高麗人参の7倍も含まれている「サポニン」には自律神経を整えてくれる効果があり、女性ホルモンの増加につながります。更に高麗人参に比べて田七人参は、鉄分が2倍、ビタミンB1が2倍、ビタミンB2が約23%増と、女性に嬉しい成分を多く含んでいます。
  • 「白井田七。甕」には、田七人参のサポニンや黒酢アミノ酸のほか、皮膚の生成や保湿効果があるプロテオグリガンや、抗酸化力に優れお肌のくすみ改善に効果的なアントシアニン、鉄分やミネラルなどが豊富に含まれている和漢素材の杜仲葉エキス、便秘解消に効果的なオリゴ糖など、女性の美容に効果的な成分が複数配合されています。
  • 田七人参は中国雲南省の海抜1,000~2,000mの山地のみに生育し、成長には3~7年の歳月を要す貴重な植物。昨今、食物汚染が取りざたされる中国でしか採れないからこそ、白井田七では品質の吟味を最重視しています。国際有機認証(IFOM)を取得した自社農園で育てられ、収穫後は日本のJAS認証の工場で加工・製造されます。数ある田七人参サプリの中でも徹底的に品質・安全性にこだわった商品です。

含まれる成分

サポニン、アルギニン、田七ケトン、デンシチン、ビタミンB群など。

女性ホルモンの増加に対して期待できる効果

サポニンには、血流を促進してホルモンバランスを調整するという働きがあります。また止血作用や血栓生成抑制作用もあるため、頭痛やイライラ等の更年期症状に効果を発揮します。

さらに自律神経を整えてくれる作用もあり、女性ホルモンを分泌しやすい状態へと導いてくれるのです。

愛用者の口コミ評判

  • 更年期障害がひどく婦人科に診察してもらったところ錠剤を処方されたのですが、その薬が胃に負担がかかるみたいで、すぐに止めざるを得ませんでした。そんな時に白井田七と出会い、飲んでみることに。すると身体の痺れやだるさなどの症状が良くなり、効果を感じることができました。今も、快適な更年期を過ごせています。
  • 友だちにオススメされて白井田七を飲み始めたところ、イライラや火照りがおさまってきました。すごく助かっています。この歳になったら、本当に身体に良いモノを摂るべきだ、と改めて実感しました。